読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実録コンピュータ物語

趣味で使っているコンピュータ&ソフトの情報を発信するブログです。

Windows 10でBash on Ubuntuを起動するまでの手順

Ubuntu Linux ソフトウェア プログラミング

2016年8月3日に配信開始された大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」で、Windows上でLinux(Ubuntu)が使用可能になる「Windows Subsystem for Linux (WSL)」が追加されました。

WSLはアップデートの適用だけではインストールされないため、有効化の手順を解説します。

Windows 10 Anniversary Updateが適用済みの前提で説明していきます。

開発者モードに変更する

WSLを有効化するにはWindowsを「開発者モード」に変更する必要があります。

  1. スタートボタン→設定→更新とセキュリティ→開発者向け
  2. ラジオボタンから「開発者モード」を選択して適用する
  3. PCを再起動する

f:id:bosh:20160803233240p:plain

Windows Subsystem for Linuxを有効化する

  1. スタートボタンにマウスカーソルを重ねて右クリック→プログラムと機能→Windowsの機能の有効化または無効化
  2. Windows Subsystems for Linux (Beta)」の項目にチェックを入れて「OK」
  3. PCを再起動する

f:id:bosh:20160803234305p:plain

Bashを起動してUbuntuをダウンロードする

  1. スタートメニューから「Windows PowerShell」を起動し、「bash」と入力してエンターキーを押す
  2. 続行するか聞かれるので、「y」を入力する
  3. Ubuntuがダウンロードされる(時間が掛かります)
  4. 「新しい UNIX ユーザー名を入力してください:」と出るのでUbuntu上で使用するユーザー名を入力する
  5. 「新しい UNIX パスワードを入力してください:」「新しい UNIX パスワードを再入力してください:」にパスワードを入力する(入力中は何も表示されません
  6. シェルがBashに切り替わり、Ubuntuとして利用可能になる

f:id:bosh:20160803235743p:plain

補足

新規にUbuntuのコンソールを開くにはスタートメニューの「Bash on Ubuntu on Windows」や、PowerShellコンソール内でbashを起動します。

Ubuntu本体は「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\lxss」にインストールされますが、エクスプローラ上では表示されません。アドレスを直接入力すると出てきます。

Ubuntu内の実行ファイルなどは「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\lxss\rootfs」にあります。

参考リンク