実録コンピュータ物語

趣味で使っているコンピュータ&ソフトの情報を発信するブログです。

Fallout 3の日本語化を自動でやってくれるPowerShellスクリプト

Fallout 4の日本語版が発売間近なので、待っている間に前作のFallout 3を遊ぶことにしました。PC版は有志の翻訳によって日本語化が可能ですが、色々とファイル操作が必要なので面倒です。そこで、手軽に日本語化ができるように作業を自動化するPowerShellスクリプトを作ってみました。

f:id:bosh:20151115063922p:plain

スクリプトの使い方(2017年4月15日更新)

更新:DropboxからファイルをダウンロードするURLを修正しました。

スクリプトのダウンロードは不要です。事前準備は管理者権限でWindowsを起動することとFallout 3 GOTYのインストールだけです。

Windowsスタートメニュー→Windowsシステムツール→「コマンドプロンプト」にカーソルを合わせて右クリック→その他→「管理者として実行」をクリックしてコマンドプロンプトを起動する

以下のテキストをコピーしてコマンドプロンプトに貼り付け、Enterを押して実行する(テキストを選択してコピー→コマンドプロンプト上で右クリックすると貼り付けされます)

powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Bypass -Command "Invoke-Expression ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://www.dropbox.com/s/lirhtypa0p5lls5/FO3AutoJapanize.ps1?dl=1'))"

デスクトップに「Fallout 3 - FOSE」というショートカットが作成されるので、これを起動すれば日本語化された状態で起動します。

デスクトップに作業用としてFO3AutoJapanizeというフォルダーを作成するので、必要なければ削除してください。

スクリプトがやってくれること

動作確認環境

参考情報

スクリプトの使い方(旧)

Fallout 3日本語化スクリプトをダウンロードし、適当な場所に展開してください。

エクスプローラでFO3AutoJapanize.ps1がある場所に移動し、メニューの「ファイル」→「Windows PowerShellを開く」→「Windows PowerShellを管理者として開く」を選択してPowerShellのコンソールを開きます。

f:id:bosh:20151115055725p:plain

PowerShellはセキュリティ機能の制限によってネットからダウンロードしたスクリプトを実行できない仕組みになっています。そのため、コンソールで「Set-ExecutionPolicy Unrestricted」と入力して制限を解除します。後で元に戻したいときは「Set-ExecutionPolicy Default」と入力してください。

f:id:bosh:20151115055822p:plain

コンソールに「.\FO3AutoJapanize.ps1」と入力すると日本語化スクリプトが実行されます。

デスクトップに「Fallout 3 - FOSE」というショートカットが作成されるので、これを起動すれば日本語化された状態で起動します。

デスクトップに作業用としてFO3AutoJapanizeというフォルダーを作成するので、必要なければ削除してください。