読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実録コンピュータ物語

趣味で使っているコンピュータ&ソフトの情報を発信するブログです。

HD598のイヤーパッドを互換品(ノーブランド)に交換してみた感想

ゼンハイザーのヘッドホンHD598のイヤーパッドを交換しようと探してみたら、低価格な互換品がAmazonで売っていたので購入してみました。

2015年2月9日時点でのHD598用イヤーパッドの価格は3686円です。

それに対して今回購入した互換品は960円で、正規品の3分の1以下の価格となっています。「HD515 HD555 HD595 HD518対応」と表記されていますが、HD598でも使用できました。

f:id:bosh:20150209214621j:plain左の黒いのがノーブランド品、右がHD598用の正規品

使ってみた感想

イヤーパッドとしての機能は問題なしです。クッション性は正規品と遜色なく、特に違和感なく使用できました。最大の難点はイヤーパッドの取り付けがものすごく難しく、すぐに外れてしまうこと。

このイヤーパッドは裏側にプラスチックのリングが付いていて、これをヘッドホン本体のツメに引っ掛けて固定する仕組みになっています。正規品はリングの剛性が高く、ヘッドホン本体に押し付ければパチッとはまります。しかし互換品の方はブリスターパックのような柔らかい素材になっていて、押しこむだけでは変形してしまってツメに引っ掛かりません。

f:id:bosh:20150209222114j:plainイヤーパッドの裏側。透明なプラスチックにツメを引っ掛けて固定する

どうにかしてツメに引っ掛ける方法を見つけたので、互換品に交換する場合は以下の手順で取り付けてみてください。

  1. ヘッドホン本体のツメ1ヶ所にリングを引っ掛ける
  2. ツメを引っ掛けた部分を指でギューッと押さえて外れないようにし、その状態のまま隣のツメも引っ掛ける(リングのプラスチックを指で裏返すように広げ、ツメの上に被せる感じで)
  3. 同じように引っ掛けた部分を指で押さえ、隣のツメを引っ掛けて・・・をリングが1周するまで繰り返す

油断するとすぐにツメから外れてしまうので、何度もリトライが必要です。イヤーパッドを引っ張ったりしないように注意しましよう。最終手段として両面テープで接着するという手もあります。

まとめ

写真だとわかりづらいですが、この互換イヤーパッドは想像以上に取り付けが困難です。何度やっても外れてしまうので、諦めて捨てようかと考えたくらいです。機能自体は問題ないので、正規品を洗浄する時などの控えとして購入するのがおすすめです。