読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実録コンピュータ物語

趣味で使っているコンピュータ&ソフトの情報を発信するブログです。

Perl 6コンパイラRakudo Star 2015年1月版がリリース

Perl 6開発チームより、Perl 6コンパイラ「Rakudo Star」2015年1月版がリリースされました。このバージョンはMoarVM 2015.01を含み、すべてのモジュールのテストをパスしているとのこと(JVMバックエンドとParrotでは一部動作しない)。

追加された機能

  • JVMバックエンドにおける相互運用性の多くの改善、JVMの起動速度を20%改善
  • オブジェクトハッシュを簡単に作る構文の追加「:{}」(※単なるブレース{}だとハッシュではなくブロックオブジェクトになると思われる)
  • 置換がメタ演算の割り当てをサポート「s[\d+] += 2
  • メモリとCPUの多くの最適化
  • Supply.forが廃止されSupply.from-list

Rakudoの開発状況をチェックするのは久しぶりですが、MoarVMでテストが全部通るようになっていたんですね。以前はParrot VM自体の立ち上がりが遅くてモッサリ感ありまくりでしたが、MoarVMがメインになればかなり改善されるでしょう。

一方で.NET版Perl 6コンパイラNieczaは開発が止まってますね。.NET Coreが公開されたことで「.NET Coreランタイム同梱版Niecza」などもあり得ると想像していたんですが・・・

関連